情報の最末端

24th 4月 2014

みたいもん!クリッパーからリブログされた。リアクションが198件

デザインに関して、日本の企業と違うのは、スケッチデザインで物を決めないという点が大きく違うと話してました。スケッチを元に3D化しても、わからない事が多く、実物大のモデルを何度も作って判断するようにしているのがAppleだと話してました。1つの製品に対して、作る実物大モデルは100個以上にもなり、2mmの違いでもモデルを作ろうという風潮がAppleにあると話してました。もし、日本ならば、実物大モデルを1個作るのに100万かかるとしたら、5個までしか予算はないと言われるかもしれないが、Appleには制限などないそうです。

出典: macotakara.jp

24th 4月 2014

日々是遊楽也からリブログされた。リアクションが392件

3位「何で彼女作らないの?」

2位「本当は彼女欲しいんだよね?」

1位「This video has been deleted.」

出典: toronei

24th 4月 2014

jumiTumblrからリブログされた。リアクションが1,224件

(植島)この40年間で100か国以上を旅してきましたが、日本ほどいつも何かに強迫されている国はありませんね。世界有数のストレス社会であることは間違いありません。

 時間の遅延を許す感覚がなく、何事も予定通りに行わなければならないと思い込んでいる。だから、進学でいうと子を私立に行かせなければならないと思い込み、病気になったらどうしようかと悩み、来年はこの仕事を続けていられるだろうかと不安になる。いつも何かに強迫されている。

 電車がオーバーランしたくらいで新聞記事になる国は、ヨーロッパやアフリカ、アジアでもありません。だいたい電車なんて時間通り来ないことが当たり前です。

--日本の電車では、強風で遅れたときも、車掌が「申し訳ありません」とアナウンスします。自然現象すら認められないようです。それにしても時間という単位は、人間の作り出したものです。人為を絶対死守しなくてはならないという強迫的な風潮は、なぜ、もたらされたのでしょうか?

植島:オブセッション(強迫観念)が社会の原動力だからです。一般に高度資本主義社会の発信するメッセージは「あなたには何か不足していますよ」というものです。「自分は満足している」と思っていても、「いいえ、このテレビを買わないと迫力あるワールドカップは味わえませんよ」とか「もっと健康になりたいならこういう治療が必要です」といった具合に、「いつも何かが欠けている」という強迫観念で社会を動かそうとする。

出典: perrier

24th 4月 2014

Only fairy's eye could see the fairy.からリブログされた。リアクションが2,069件

現代物理学においては、真空のゆらぎによって、何も無いはずの真空から電子と陽電子のペアが、突然出現することが認められている。このことによって、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在しないとされている。

無 - Wikipedia (via sandman-kk) (via konishiroku) (via nanospectives) (via jinon) (via ryu2net) (via jun26) (via pipco) (via futureisfailed) (via huzitaka) (via neetria) (via moja-moja) (via highlandvalley)

テンション上がっちゃう。

(via toukubo) (via mmmmmmmmmy) (via orochix) (via cliqueclogs) (via zengame) (via twinleaves) (via nobby0-0) (via fishandmush)

(via muhuhu) (via toronya) (via zabutonsanmai) (via edieelee) (via himmelkei)

(via harunya) (via sierra7)

まさに空

(via nobw2001) (via taisukeorg) (via yellowblog)

(via sasaq) (via ayu-me) (via yskz) (via blueskies-jp) (via dante35)

(via bochinohito)

(via cardboard-box)

(via xlheads)

(via andi-b) (via nnhkrhsr) (via usaginobike) (via deepspeed) (via echanplus)

出典: sandman-kk

24th 4月 2014

Sight from the Saddle Annexからリブログされた。リアクションが2,972件

娘を持ってから気がついたのは、他者というのは「教えようとすると、学ばない」という不思議な事実です。これは職人の育成において、古くから世界中で採用されている「徒弟制(とていせい)」の中には組み込まれているセオリーです。すなわち、師匠が弟子に直接は何も教えないからこそ、弟子は師匠から技を盗もうとし、一人前に育つのだと。

この文脈からすると、先生が生徒に向かって一方的に知識を伝えるような従来の教授法には、決定的なデザイン・エラーがあることが推測されます。先生からよりもむしろ、2ちゃんねるから多くを学べるのはどうしてなのか。

NED-WLT (via gkojax, shibata616)
2009-09-27 (via gkojay) (via goyou) (via dannnao) (via kml) (via forzando) (via fishandmush) (via roland303) (via flatmountain) (via retype-jnthed) (via wyohkan) 2010-08-03 (via gkojax-text) (via mcsgsym) (via dannnao) (via lain65) (via lovecake) (via deadairspace) (via aaooii) (via shortcutss) (via ishida) (via hicobeli) (via hm7)

出典: shibata616

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが663件

chptr22:

https://twitter.com/YoshitakaWorks/status/458259400289824768

chptr22:

https://twitter.com/YoshitakaWorks/status/458259400289824768

出典: chptr22

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが27,291件

出典: mikirin

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが41件

unimogroove:

fuckyeahyusukenakamura:
Yuki Kashiwagi × Yusuke Nakamura [original illustration]

unimogroove:

fuckyeahyusukenakamura:

Yuki Kashiwagi × Yusuke Nakamura [original illustration]

出典: fuckyeahyusukenakamura

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが48,286件

出典: lolgifs.net

24th 4月 2014

ぬるてめいくからリブログされた。リアクションが59件

46252:

青息吐息ブログ

46252:

青息吐息ブログ

出典: 46252

24th 4月 2014

wayayaya tumblr.からリブログされた。リアクションが290件

pedalfar:

500px / Carol D by Gudinni Cortina

pedalfar:

500px / Carol D by Gudinni Cortina

出典: pedalfar

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが68件

出典: masoodazam

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが54件

miwakunochibusa:

Non Nude

miwakunochibusa:

Non Nude

出典: miwakunochibusa

24th 4月 2014

Constantineからリブログされた。リアクションが292件

出典: seraha

24th 4月 2014

taku007からリブログされた。リアクションが42件

bite:

i_20140423031910.jpg (1440×810)

bite:

i_20140423031910.jpg (1440×810)

出典: blog-imgs-70.fc2.com